リスケ(リスケジュール)

リスケジュールとは、毎月の融資の返済がきつくなったため、銀行に依頼して、毎月の元金返済を少なくしてもらったり、元利金の返済を猶予してもらったりすることです。 借入したとき銀行へ銀行取引約定書、金銭消費貸借契約書等を提出し毎月返済金額を金銭消費貸借契約書に記載すると、その通りに返済しなければならないのですが、業績の悪化、販売先の倒産等、借入をした当初、想定もしていないことが起こった時、借入の返済がきつくなってきます。もうこれ以上約定通りに返済できなくなった時、銀行にリスケジュールを依頼すると、交渉次第ですが、毎月の返済金額を少なくしてもらったり、返済猶予してもらったりできることもあります。 銀行は、リスケジュールを企業より要請されると、そのことをかなり警戒するようになります。 当初契約していた返済方法では返済ができなくなるということは、業績が悪化しているということだからです。