リスケ(リスケジュール)

リスケジュールとは、毎月の融資の返済がきつくなったため、銀行に依頼して、毎月の元金返済を少なくしてもらったり、元利金の返済を猶予してもらったりすることです。 借入したとき銀行へ銀行取引約定書、金銭消費貸借契約書等を提出し毎月返済金額を金銭消費貸借契約書に記載すると、その通りに返済しなければならないのですが、業績の悪化、販売先の倒産等、借入をした当初、想定もしていないことが起こった時、借入の返済がきつくなってきます。もうこれ以上約定通りに返済できなくなった時、銀行にリスケジュールを依頼すると、交渉次第ですが、毎月の返済金額を少なくしてもらったり、返済猶予してもらったりできることもあります。 銀行は、リスケジュールを企業より要請されると、そのことをかなり警戒するようになります。 当初契約していた返済方法では返済ができなくなるということは、業績が悪化しているということだからです。

返済スケジュールの変更を交渉するため銀行を

当社が住宅ローンの返済が困難になったお客さまから相談を受け、その方と一緒に、返済スケジュールの変更を交渉するため銀行を訪れたときのことです。

銀行の副支店長に、

「住宅ローンを滞納されても、保証会社が全額補償してくれるので銀行としては別にかまわない返済スケジュールの交渉(リスケ)などの面倒くさい話はする必要が無い。

こんな態度をとられてしまいました。

銀行は、たとえ滞納が続いても保証会社に全額補償してもらえます。

結果的に銀行は一円も損をしませんから、面倒な交渉などしたくない、競売にしてしまえと考えている。
これが現実です。

  • どうしたら良いのでしょうか?

では、住宅ローンを滞納してしまった場合どうすれば良いのでしょうか?

まずは、住宅ローンが支払えなくなったという現実を直視することから始めましょう。この現実から逃げていても何も解決しないからです。そして、最悪の状態は、マイホームが競売に掛けられることだと認識しましょう。マイホームを失い、家を追い出された上に、多額の借金が残る競売は「最悪の状態」なのです。

最悪の状態である「競売」を避ける方法に「任意売却」があります。

住宅ローンを滞納してしまい、もう支払えないのなら、任意売却を検討することをおすすめします。