住宅ローン、滞納を続けると

競売開始決定通知

あなたが住宅ローンや不動産を担保にした借入金の返滞納してしまった場合、そのまま何もせず滞納し続けると、通常の場合やがて債権者(借り入れ先)が担保不動産の競売を申立てを行います。

競売になったら、あなたの自宅は、あなたの意志と関係なく売りに出されます。一番高い値段を付けた人が購入の権利を得ますが(=落札)、いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられる為、あなたに一円もお金は入りません。
競売では、ほとんどの場合市場より非常に安い価格でしか売れない為、家を失った後もなお、たくさんの借金が残ってしまいます。また、引渡の時期は落札者の都合で決まるため、お子さんの学校の都合などがある方でも、否応なく退去させられてしまいます。このように、経済面だけでなく、精神面でも非常に負担が重いのが競売です。
競売を避け、有利に売却できるのが任意売却
法律で決まった手順に従って淡々と進んで行く競売とは違い、少しでも有利な条件で売却できるよう金融機関と話し合いが可能です。また、売却後の残債についても、無理なく返済できるよう交渉が可能です。さらに、ほとんどの場合は引越の時期などの相談にも応じてもらえるので、前向きで計画的に新生活の準備を始められます。

任意売却のタイミング

住宅ローンなどの返済を滞納しますと次のような流れの中で金融機関は債権を回収します。この流れの中で任意売却の可能なタイミングをご説明しますと

  1. 住宅ローン滞納始まり・・・・返済をストップし続けると
  2. 督促状・催告書通知・・・返済に関する督促状が届きます
  3. 位弁済・債権移行・・・・「期限の利益の喪失」条項に基づき一括返還請求があります。金融機関から債権回収会社に債権が移行します
  4. できればこの時期までにご相談を
  5. 競売申し立て・・・・債権者は返済および任意売却の意向示さない限り競売申し立て手続きにはいります。
  6. 競売開始決定・・・・裁判所から競売開始決定通知書が届きます
  7. 現状調査・・・・執行官が現況調査のためおとづれ、内部写真、権利関係の聴取をします。
  8. まだ間に合います。すぐアイティーホーム(TEL-0586-75-5056)にご連絡を
  9. 競売資料の作成・・・3点セットを作成します
  10. 入札期間の通知・売却基準価格の決定
  11. もう時間切れ寸前 すぐアイティーホーム(TEL-0586-75-5056)にご連絡を
  12. 期間入札の広告・・・・裁判所のhpや官報、新聞で公開されます。
  13. 入札開始・・・・広告後約4週間で入札となります。
  14. 開札・買受人の決定・・・・1週間後買受人が決定します
  15. 残念ですが間に合いません
  16. 売却許可決定・・・・買受人が決定し残金振込みをします
  17. 引渡命令・・・残念ですが出て行くしかありません。もちろん引越し代も出ません