あなたの住宅ローン滞納・延滞は何ヶ月目ですか?

こちらのページをご覧頂いている方のほとんどは、「住宅ローンを滞納してしまっている方」

ではないでしょうか。そして恐らくみなさんは、
このまま滞納したらどうなるんだろう?
•マイホームを取り上げられるのかな?
•返済はとてもじゃないけどムリ・・

そんな不安でいっぱいのことと思います。

ここでは、住宅ローンを滞納すると何が起こるのか、そしてローンの返済ができない場合にはどうしたら良いのかについて、住宅ローンアドバイザー アイティーホームがお話したいと思います。

住宅ローンを2ヶ月滞納すると・・・

住宅ローンの滞納を2ヶ月続けてしまうと、まず住宅金融支援機構や銀行から、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。
「貴殿の滞納は現在2回になっています。・・・・・・
催告書の期日までに延滞の解消が無い場合は、期限の利益が喪失され・・・・・・」

という風に、少々難しい言葉で書かれたこの文書ですが、簡単にすると

「あなたは現在住宅ローンの支払を2ヶ月滞納しています。
このまま支払いを滞納して3ヶ月になると、銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続きに入ります。保証会社はあなたのマイホームを競売に掛けて銀行に返済します。競売に掛けられるのがイヤなら全額一括返済してください。」

ということになります。

このまま滞納し続けたら、ローンを一括で返済してもらいますよ。

一括返済がムリなら競売にかけますよ。

住宅ローンを3ヶ月滞納すると・・・

そして滞納を続けたまま3ヶ月経つと、「代位弁済手続き開始」という通知が送られてきます。

「貴殿が借り入れた住宅ローンについて・・・・・・
当社が連帯保証・・・当社は銀行から請求を受け、債務者の変わりに代位弁済金を支払いました。・・・・・・代位弁済金及び、年14%の遅延損害金を一括で支払って下さい。
今後の法的手続きを含めた回収手続き・・・・・・」

今度もこのような難しい文書なのですが、ようは

「銀行から請求を受けて、あなたのローンを一括返済しました。
ですから、当社に利息をプラスしてローンを速やかに一括で返済してください。
返済しない場合は、あなたの住宅を競売に掛けます。」
ということ。

いよいよ、

今すぐローンを一括返済しないなら競売にかけますよ。

と最後の警告をしてきたのです。

このように、住宅ローンは滞納を3ヶ月続けると、住宅金融支援機構や銀行からローンを一括返済するよう求められます。もしもローンを一括返済できなければあなたのマイホームは競売に掛けられてしまうのです。
これはあらかじめ決められたルールですから、とても事務的に進められます。