任意売却とは

任意売却とは、不動産を売却しても完済できず、ローン残ってしまう状況で、債務者と債権者の間に仲介に不動産業者が入り、不動産を競売にかけずに債務者・債権者・買主の合意の価格で売却を成立させることです。

何らかの事情で住宅ローンの支払いが困難になった場合、銀行は、抵当権に従い不動産を差押え、競売にかけ換金します。競売だと市場価格より2~3割低い価格になることが多いようです。そこで仲介者が債務者と債権者の間に入り、両者に合意のいく価格、競売よりは高い価格で売買を成立させるのことを、任意売却と呼んでいます。経済破綻者の不動産売却 = 任意売却、任意売買(にんばい)等と呼ばれていますが、相続、贈与、代物弁済、競売以外は、売主の意思(任意)での売買取引となるので、世の中の不動産取引のほとんどが任意売却となります。

競売とは

不動産競売とは、金融機関に担保提供した不動産を、その借金が返済されなくなった時に、あるいは、または遺産の相続で、相続に よる相続物件の財産分割(取り合い)をやるにあたり裁判所に申立て、それらの物件を裁判所に強制的に売却してもらい、その売却代金から、債権者が支払い を受け、または相続人が代金分割を受ける制度を言います。 競売は、厳密には一般の売買と違って、国の行う強制処分です。売り手を裁判官、書記官、執行官が行います。 不動産ローン等の債務(お借り入れ/借金)の返済が出来なくなった際に、所有者の意思に関係無く、債権者・抵当権者の申し立てにより、その不動産を差 し押さえて、銀行から依頼された裁判所が強制的に売却し、その代金を債務の返済に充当する手続きです。 競売物件は裁判所に委嘱された不動産鑑定士がその価格を決めます。 これが最低売却価格といわれるものです。 この価格は競売という特殊性な事情を踏まえて一般の市場価格よりもかなり低くなってい ます。 市場価格の5割 ~ 7割といってもいいでしょう。 安く処分される分、競売が終わった後の残った借金の返済額も増えることになります。

このような状況の方は、今すぐ任意売却をご決断ください。

  • 会社の倒産やリストラで今後の住宅ローン返済が不安
  • 離婚のため今の住宅ローンが返済が難しい
  • 借金返済のため不動産を売り出しているがなかなか売れない
  • 他社で残債が残るので売却が難しいといわれた方
  • 月々の返済が遅れている方
  • 住宅金融支援機構から「最終通告」「催告書」が届き今後が不安な方
  • 期限の利益の喪失通知」が届き対応が不安な方
  • 競売開始決定通知」が届き今後どうすればよいかお悩みの方

時効の援用

通知書

前略

貴社より送付された00年00月00日付の当方に対する金銭貸借請求に

対し、下記の通り通知いたします。

貴社より借り受けた金員は最終弁済日より既に5年以上経過しています。

貴社の当方に対する貸金返還請求権は商法所定の消滅時効により、すでに

消滅しています。

よって本件貸金については消滅時効の援用をいたします。

今後、当方への請求は一切なさらないようお願いします。

草々

平成  年  月  日

通知人

住所

名前

被通知人

東京・・・・・・・

株式会社マンション債権回収
代表取締役  〇〇 殿