債務が残ります

通常、不動産が競売にかかる場合、残債が売却価格を大きく上回ると想定されます。競売で売却されても、任意売却で処理しても、その残った債務をお客様は支払う義務があります。しかし、任意売却でのご自宅の売却であれば、競売で処理されるよりも「残る債務」は少なくなるのが普通です。
そして、任意売却で処理された場合は、残債務の毎月々の支払い金額を無理のない額として債権者と合意します。
競売も任意売却も自己破産をすれば、その後の残債務の支払いは免責されます。しかし、自己破産は最後の最後の手段です。

競売開始決定通知が来てからも任意売却には切り替えられます。競売を取り下げてもらうには、早めに行動を起こしてください。

☆☆任意売却のながれ☆☆

任意売却には正しい知識と早めの決断が欠かせません!

給与が下がってしまった、リストラされてしまった、金利の特約期間が終わってしまった…その結果、住宅ローンの返済が難しくなってきたと感じたならば、まずはお借入れ先にご相談ください。

返済方法の変更や返済期間の延長などの相談に応じてくれるでしょう。

それでも返済に悩むようであれば、任意売却について一度お考え下さい。

下記のケースに心当たりはありませんか?

ローンを滞納してしまった
期限利益の喪失通知が届いた
競売開始決定通知が届いた
裁判所からの通知が届いた
期間入札の通知が届いた
ここまでは任意売却が可能な期間です。

期間入札が始まってしまうと、あとは競売の結果を待つしかありません。
1.当社へのご相談

お電話でまずは今の状況をご相談ください。

詳細情報を伏せてのご相談も可能ですが、できるだけ詳しい内容をお知らせいただけると適切な解決方法をアドバイスできます。

必要に応じて、弁護士や司法書士といった法律の専門家へのご相談も可能です。

ご相談内容についてはもちろん秘密厳守、プライバシーの保護に配慮してお伺いします。
2.債権者との交渉

専門スタッフから住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)や銀行等の金融機関(債権者)に問い合わせを行い、物件の近隣相場などを伝えます。

売却までのシミュレーションや残債の返済方法について、売却価格をお客様にお伝えします。
3.専任媒介契約の締結

ご提案内容に納得いただけたら、協会加盟不動産会社とお客様の間で「専任媒介契約」を締結します。

この契約がなければ、債権者や抵当権者との正式な交渉ができません。

このとき、お客様の住民票や印鑑証明など必要書類の送付をお願いします。

以降は、こちらがお客様の窓口として販売活動を行う旨を債権者・抵当権者へ伝えます。
4.物件販売の開始

債権者・抵当権者から任意売却の許可が降りたら、いよいよ販売活動の開始です。

「レインズ」と呼ばれる不動産流通機構への登録、チラシやインターネットを利用しての広告など、一般の売却活動と同様に行われます。

購入希望者が内覧を希望する場合には、できるだけその意向に沿っていただくよう配慮をお願いすることもあります。

同時に、売却終了後の具体的なプランも進めていきます。
5.売買契約の締結

購入希望者との間で条件が折り合えば、いよいよ売買契約です。

売買価格を元に債権者・抵当権者への返済配当計画書を作成し、交渉を行います。

債権者・抵当権者から了承が得られたら、売買契約を締結します。

締結後、引越しの日程や残債の返済方法などの取り決めを行います。
6.物件の引き渡し

売買契約の締結からおおよそ1ヶ月後、代金決済(売買代金を債権者へ支払う)が行われます。

同時に、抵当権の抹消と所有権の移転が行われ、物件の引き渡しが完了します。

この時、すべての関係者(お客様、購入希望者、債権者、抵当権者、司法書士など)の出席が必要となります。

初めてのご相談からここまでは、おおよそ3ヶ月~1年程度です。

税の滞納で仮差押

金融機関の担保設定だけでなく、税務署、市などの税の滞納による仮差押がされる場合があります。これは一番放置してはいけない問題です。延滞金は、滞納税額を計算の基礎として納期限の翌日から起算して納付又は納入される日までの期間に応じて計算され、14.6%もの金利ペナルティがつきます。5年も滞納し続ければ約倍の負債へと膨れ上がります。自己破産をしても税だけは支払い義務が残ります。解決するため早く アイティーホーム TEL0586-75-5056にご相談ご連絡ください。

任意売却のメリット

任意売買のメリット

  • 市場価格に近い価格で売却・・・・・・市場価格に近い価格での売却を目指しますので、競売に比べ、一般的に高額で売却をすることが可能です。したがって競売で売却されるよりも残債務が減りますので、スムーズな再スタート・生活再建の支援に繋がります。
  • 債権者へより多くの返済・・・・・競売で売却した場合と比べれば、再スタートが楽になります。
  • 近隣に秘密・・・・・通常の物件売買と変わりません。競売のように、法的手続による強制的な物件処分によって「立ち退かされる」のではないため、債務者への気持ちのダメージも少なく、近隣の方に事情を知られることもございません。その為、慣れ親しんだ地域に住みにくくなってしまう、という事がありません。
  • 売却後の債務の返済も柔軟に対応して貰えます・・・・・売却後の残債の返済方法を交渉により、柔軟に対応して貰えます。

任意売却後

任意売却のメリットは? 任意売却のメリット1 債権者との話し合いにおいて、売却後の残った借金は毎月払える限度額にて長期返済計画を立てて返済します。 たとえば、5,000円や10,000円でも良いのです。
任意売却のメリット2 多重債務の場合、弁護士に依頼し、まずはサラ金業者や信販業者などから払いすぎた金利を取り戻してもらい、必要に応じて自己破産申請をしてもらいます。 裁判所に自己破産の免責が認められた場合、借金は返済する必要がなくなります。
(税金、罰金、養育費は除きます)