任意売却

任意売却

任意売却とは、住宅ローンの返済が難しくなり、さらに不動産を売却しても一括返済額に至らない場合に金融機関の同意を得たうえで売却する方法です。一般的な不動産売却とは違い、住宅ローンの債権者である金融機関の了承を得られないと売却はできません。住宅ローンの返済が何らかの事情で滞ってしまった際に検討するのが、不動産の任意売却です。

ローンの返済ができなければ、担保として抵当権が設定されている不動産が債権者に差し押さえられてしまい、強制的に競売かけられてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました