任意売却をするために必要な要件

任意売却

任意売却を実行するためには、次の要件が必要となります。

  • 債権者(金融機関)の合意
  • 当該物件が差し押さえられていないこと
  • 売却活動のための時間があること
  • 当該物件に市場価値があること
  • 共有者がいる場合は同意が必要
  • 連帯保証人の同意が必要

上記のどれも重要な要素ですが、もっとも重要かつ難しいのが債権者である金融機関の同意を得ることです。交渉次第ではありますが、金融機関が納得できるような事情を説明して、しっかりとした債務の返済プランを提示する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました