リースバック

リースバック

リースバックは、住んでいる住宅を売却し、売却後は買主から賃借することで、もとの住まいに住み続けることができる不動産の売却方式です。正式名称はセール・アンド・リースバックと呼ばれます。通常の売却と異なり、リースバック方式で住宅を売却すると、まとまった資金が一括で入手でき、さらに売却後ももとの住まいを借りて住み続けることができます。
しかも、リースバックをすれば、のちにお金がたまり買戻しができるということもあり得ます。

リースバックの最大のメリット

売却後もそのまま住み慣れた家に住めることでしょう。

通常の不動産売却であれば、所有権が第三者に渡った時点で、その家から退去する必要があるため、新しい住まいの手配に大きな出費が伴います。
さらに、子どもの通学を考慮して同じエリア内で賃貸住宅に住むと、もとのコミュニティ内で「賃貸住宅へ引越した理由」を詮索されることもあり、ご近所付き合いがしづらくなるかもしれません。

しかし、住まいのリースバックでは売却後も同じ住宅を借りて住み続けられるため、引越しにかかる大きな出費を抑えることができるうえに、無用な詮索をされる心配もないでしょう。

リースバックメリットその2 所有するコストなし

不動産を所有する場合 固定資産税や都市計画税といった毎年かかる税金や、建物の修繕費、火災保険料などの費用を負担しなければなりません。一方、リースバックを活用して家を売却し、引き続きその家を借りて住み続けた場合、これらの費用は所有者が負担するので、不要になります。

その代わりに毎月賃料を支払うことになりますが、基本的に一定の賃料のみの支払いとなるので、そのほかのコストの負担が軽減されます。

所有していることのリスクがなくなる

不動産を所有していると、さまざまなリスクがあります。災害などで建物が倒壊・破損する、資産価値が下落し売却したいときに売却できない、住宅ローンを借りている場合には金利上昇など、いずれもいつそうしたことが起きるのかを予測することができません。
一方、リースバックを活用すれば、同じ家に住み続けながらも、売却して不動産を所有しないため、これらのリスク負担はなくなります。

 

タイトルとURLをコピーしました