リースバックのデメリット

リースバック

一見、リースバックはよいことばかりのようですが、注意すべき点はないのか気になりますよね?リースバックを利用する際の留意点をご紹介しましょう。売却価格は、構造や築年など不動産の状態、立地など不動産の持つ条件によって変わり、経済的な状況でも変動するのが一般的です。
リースバック方式で不動産を売却する場合は、通常の仲介による売却と比べて売却価格が安くなるのが通常です。

 所有権が第三者に渡るため当然その不動産は自分が所有する資産ではなくなります。それまで住んでいた住宅であっても、住居を使用するルールは新しい所有者が決めることできるようになるのです。

 リースバック方式で売却する場合、売却先との条件によっては住み続けられる期間が定められることがあります。その場合、一般的に定期借家契約によるリースバックとなることが多く、定期借家契約では所定の期間満了に伴い貸主が再契約を認めなければ、そこで契約が終了してしまいます。

住宅ローンの残債よりも売却価格が上回っていれば、住宅ローンを完済できるため、リースバック方式を利用することは可能です。ただし、残債が多く残っている場合には、完済後手元に残る資金は少なくなります。一方、売却価格が住宅ローンの残債を下回る場合は、住宅ローンを完済できず融資先の金融機関から抵当権を外す許可がもらえません。そうなると、そもそも売却することができなくなってしまします。したがって、リースバックの利用もできなくなります。

タイトルとURLをコピーしました